ウェルネスクリニック

ウェルネスクリニック

内科・生活習慣病(糖尿病・高脂血症・高血圧)・甲状腺を診療する柳井市の病院です。

トウニョ
〒742-0021 山口県柳井市柳井1547-1
2020.02.02

走って中山道69次(京都三条大橋〜東京日本橋)第2弾

DSC00586.JPGDSC00627.JPGこれまで四国、北海道と海に面した外周を巡ってきましたが、今回は日本の内陸を通る中山道を走って、京都三条大橋から東京日本橋まで552.2キロ、休日を利用して、横断してみることにしました。第2弾は令和2年(2020年)2月2日(日)に、滋賀県彦根市高宮を出発して、米原市柏原まで、21キロ走りました。 

2月1日(土)
午前中診療をして、午後からレセプトチェック。午後3時からクリニックの2階で、岩国柳井臨床糖尿病懇話会の勉強会、午後6時から勉強会の食事会とあり、午後8時半にお開きとなりました。
 
今回は前回の終着地の高宮からスタートし、日帰りとなるので、なるべく早くスタートできるように、食事会のあと広島まで行って、翌朝一番の新幹線乗ることにしました。午後10時過ぎ広島駅に近いホテルにチェックイン。
 
2月2日(日)
午前5時前に起床、準備をして、午前5時半過ぎホテルをチェックアウト。外はまだ真っ暗です。午前6時3分発のぞみに乗るため広島駅にむかい、多くはありませんが、構内にはYOUを含めた、スーツケースをさげた旅行者風の人が大半でした。新型コロナウイルス肺炎の感染が広がる中、マスクをした人が多くいます。
 
DSC00590.JPG
予定通りの新幹線に乗り、構内で買ったサンドイッチを朝食にして、出発の準備、コピーした地図やスマホの今日のコースの地図のダウンロード。今回は日帰りで東海道新幹線の米原駅で降りて出発地点へ向かい、目的地に到着するとまた米原に戻るため、携帯用PCや着替えなどは米原駅のコインロッカーに預けて、荷物を軽くして移動することにしました。天候で晴れですが、念のために雨用のポンチョは持って行くことにしました。
 
駅の係員の人にコインロッカーの場所を聞くと、「撤去してない」との返事。新幹線も止まり、東海道本線の駅にもなっているのに、コインロッカーがなくて、ガックリ。荷物を全部持って走ることになり、余計に荷物が重く感じました。まあトレーニングと思い直して、もう一度ザックに詰め直し、本日の出発地点、近江鉄道の高宮駅に到着。出発準備をして、午前9時スタートしました。
 
今日は日帰りで、あまり遅くならないように柳井に戻りたいので、午後2時まで帰りのJR東海道線の駅のあるところまでにしました。できれば29キロ先の関ヶ原まで行ければラッキーです。高宮の町から遠くに頂きが雪景色になっている山を見ることができました。後に町の人と話す機会があり、伊吹山(標高1377m)であることがわかり、今回のランで何度か眺めることができました。高宮の次の宿場が5.7キロ先の鳥居本が10時20分到着、コンビニでトイレ休憩したこともあり、予定よりも遅いペースになっています。次の宿場の番場には午前11時半に到着。午後2時までに関ヶ原まで行くのは難しそうなペースになってきました。最寄りにJRの駅のある柏原に午後2時過ぎに着くように目指すことにしました。
DSC00613.JPG
DSC00620.JPG
途中の醒ヶ井(さめがい)では街なかにきれいな小川が流れており、よく川で野菜を洗ったりするような踊り場が川の横に作られていました。柏原では猿の群れが道路を横切り、山の方に移動していました(右上の写真の木の幹の真ん中辺り)。予定通り午後2時に東海道本線柏原駅に到着、米原駅を経由して、午後6時40分柳井駅に戻ってきました。
 
img179.jpg
今回の「走って中山道第2弾」は滋賀県高宮から柏原まで21キロ、5時間でした。次回はまだ未定ですが、また報告します。